第5回:導入事例①(オムロン ヘルスケア株式会社)

第5回:導入事例①(オムロン ヘルスケア株式会社)

はじめに

 ワークフロー研究室(株式会社テクラス)のKです! さて、ここからは2回にわたって実際にワークフロー・システムを利用されているユーザーのインタビューをお届けしたいと思います。

 今回は、以前にご紹介しました『Web PerformerWf』をご利用中の「オムロン ヘルスケア株式会社」経営統轄部 グローバルIT革新部(情報システム部門) グループリーダーの丸山 浩司氏にご登場いただきました。実際のユーザーならではの貴重な意見が満載ですので、是非ともご覧ください!

Interview


“本日はよろしくお願いします!”
 
 

丸山氏
丸山氏

丸山です。よろしくお願いします。

 
“そもそもワークフローを電子化された背景はなんだったのでしょうか?”

丸山氏
丸山氏

導入以前、書類ベースの申請業務フローが多く、しかも、承認が完了した項目を別の担当者が再度、基幹システム(ERP)に手入力するといった二度手間が社内に散見されていました。

 
“ワークフロー・システム導入前の企業ではよくある光景ですね”

丸山氏
丸山氏

ええ。そんな状況を解決するべく、①作業時間の短縮、②作業ミスによる手戻り防止、③フローの適正化によるガバナンス強化の3点を目的に、2014年にプロジェクトをスタートさせました。


“開発の際に、特に意識されたことはありますか?”

丸山氏
丸山氏

利用者にとって「使いやすくて記載ミスが減る帳票とは?」をコンセプトに、利用部門の意見をヒアリングしながらデザインやエラーチェック項目など、細かく帳票開発をしたのはよい思い出です。また、経費申請や購買申請等にも利用しているのですが、そちらでは他システムへの自動連携も実施していますね。

 
“「他システムへの連携」というと具体的にどのようなことでしょうか?”
 

丸山氏
丸山氏

承認された帳票の各データが基幹システム(ERP)のデータベースへ自動登録されるようにして、入力の二度手間をなくしました。さらに、購買伝票については基幹システム(ERP)上で購買担当者が処理した後も仕入先への発注書としてFAX送信できるように自動化しています。

 
“すばらしいですね! 機能を存分に活用されているわけですね。
ちなみに、さまざまな製品があるなかで、選定時に重視されたポイントは?” 
 

丸山氏
丸山氏

やはり、一番のポイントはデータ連携機能の柔軟さです。そう考えると「オンプレ型」のワークフロー・システムが優位になるかと思います。

 
“確かに、データを効率的に活用するためには
「オンプレ型」の製品が最適ですね”
 
 

丸山氏
丸山氏

ワークフロー・システムを基幹システム(ERP)への入力基盤として考えると、複雑な処理や入力チェックを行えるということも重要なポイントです。そんな点でも当社に最もマッチしていたのが『Web PerformerWF』でした。

 
“実際の導入効果はいかがでしょうか?”
 
 

丸山氏
丸山氏

現在は、チェック機能のおかげで申請者自身が起票時に不備に気づくことができるので、後工程で問題が発生することを防いでくれています。さらに、決裁権限規定に基づいて承認者が自動(分岐)設定されるようにしていますので、コンプライアンス強化にも役立っているのを実感しています。

 
“最後に、今後の展望などございますか?

  

丸山氏
丸山氏

昨今の新型コロナウイルス禍に対して、社員一丸で「新しい働き方」を模索しております。つまり、場所や時間にとらわれず、組織として個人としてパフォーマンス・アウトプットを最大限に発揮するような働き方です。裁量労働制を採用しており、テレワーク制度の拡充でますますその流れは加速するはずです。それを情報システムとしても支援できるように、さらなるペーパーレス化を進めている最中です。

 
“まだまだシステムの活躍の余地がありそうですね!
本日はありがとうございました”

 
 

丸山氏
丸山氏

こちらこそありがとうございました。

まとめ

 以上、「オムロン ヘルスケア」様の導入事例でした。ワークフロー・システムは「導入すれば終わり」ではなく、状況や環境に応じて常に進化させていくといったお手本のような導入事例です。

 さて、引き続き次回も導入事例を予定しております。こちらも新たな発見が目白押しとなりますので、是非ともお見逃しなく! 目指せ、脱ハンコ!
 

ユーザー情報
会社名
オムロン ヘルスケア株式会社

事業内容
家庭用・医療用健康機器の開発・販売
健康管理ソフトウェアの開発・販売
健康増進サービス事業の展開      など
設立
2003年7月1日
従業員数
3,758人(グループ全体、2020年3月末現在)
URL
https://www.healthcare.omron.co.jp/
取材日
2020年7月